ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

爪に縦線や横線。どこか悪い?ケアは必要?

こんにちは、爪に縦線入りまくりのよねぽんです。

 

爪の縦線がずっと消えません…。

爪に縦線、横線が入っている場合は基本的に急は要しませんが、不健康と言われています。

場合によっては大きな病気の可能性もあるので、心配な場合は病院に行ってくださいね。)

これ、もうデフォルトすぎて私としては普通なんですが

ダンナの爪見せてもらうとツルッとしてる。

なぜでしょうねー。不健康度で言ったら断然ダンナなんですが(笑)

 

 

 

爪に縦線、不健康説はある程度当たってる

 

爪に縦線がはいる場合、基本的に老化と乾燥。

それとビタミンB群(B1,B2,B6,B12)、ナイアシンパントテン酸葉酸、ビオチンの不足です。

 

老化はしかたないとして…笑

乾燥はハンドクリームを爪にも刷り込む、

栄養素はビタミンB群の取りやすい豚肉、うなぎ、ナッツなどを取るかサプリで対策ですね。

 

ただし、黒い線は要注意だそう。

メラノーマという皮膚がんの一種など大きな病気の可能性がありますので病院へ行くことをおすすめします。

 

横線の場合は、爪が出来る時のトラブル

 

横線ができる時は、爪母という白い半月状の下の部分の爪を作るところで

何かトラブルがあったとき。

すでに生えた爪に横線が入るのではなく、作られる際に爪をぶつけた、

甘皮処理で傷つけた、栄養不足だったなどが原因で起こります。

爪の生える早さは成人で1日に0.1mmなので、横線の位置でそのトラブルがいつあったか推測できます。

 

まとめ

 

たかが爪、されど爪。爪の縦線や横線は内臓など見えない部分のトラブルのサイン。そうなる前に、日頃から食事に気を使ったりストレスをためないようにしたいところです。