ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

わたしがやったヤフオクでの中古車(軽自動車)の出品方法

こんにちは、ヤフオク出品好きのよねぽん(@yonekurakei)です

 

最近クルマ(軽自動車)をヤフオクで売りました。

今までヤフオクで不用品を売ったことは何回もありますが、自動車を売ったのは初めてで

名義変更と引き渡しのタイミングとか事前の不安がかなりあったので、書き残しておこうと思います

普通車の場合とは手続きが異なる部分が結構あるので、この話はあくまで軽自動車の場合となります。

ヤフオクの中古車カテゴリは2種類。その違い

まずヤフオクの中古車カテゴリは2種類あります。

「自動車・オートバイ」のカテゴリ内に、「中古車・新車」と「掘り出し中古車」の中カテゴリがあります。

中古車ならどちらにも出せるけど、主な違いは以下の通り。

「中古車・新車」

  • 入力欄が自動車を出品する場合の特別なフォーマットになっている。車検残とかを項目で入れれるようになっている。
  • 通常の出品は落札金額×8.64%を手数料として出品者が負担することになっているが、落札されなければ払う必要がない。それに対し「中古車・新車」カテゴリは出品するだけで(落札者の有無や落札金額にかかわらず)3,024円(税込)、落札されたらさらに3,024円(税込)かかる。つまり落札されたら最低6,048円(税込)かかる。

「掘り出し中古車」

  • 入力欄や、出品手数料などが上の「新車・中古車」のような特別扱いがなく、他の出品カテゴリと同じ。

トラブル防止の為、これだけは書いておいたほうが良い

トラブル防止のため、

詳細には書けるだけ書く

  • 走行距離
  • 年式
  • 排気量
  • ミッション
  • 燃料
  • 車検
  • 傷の有無や今の状態などできるだけ詳しく
  • 付属品の有無
  • 免責事項

とくに免責事項は一番大事です。

10年以上あるいは相当な距離を乗っている車なら今は大丈夫でも、引き渡してすぐにどこか壊れる事も十分ありえます。

そのときにクレームをつけられても困ってしまうので、

  • 現段階では走行に問題ないこと
  • 落札後に壊れる可能性もあること
  • 入札したら、それに関して了承したものとみなすこと(ノークレーム・ノーリターン)

は最低限書いておきました。

なるべく現車確認をしてほしい旨も書き添える

これは遠方だとなかなか出来なさそうですが、もし車などで行き来できる距離なら極力現車確認をしてもらいましょう。

ヤフオクで写真は10枚まで載せられますが、それでも現車確認にはかないません。できれば試乗までしてもらったほうがいいと思います。取引の額は小さくないので、自分も相手方も納得した上での取引がいちばん安全ですよね。

遠方で不可能な場合は、上に書いた免責事項に「写真で映ってない部分については責任を負いません」など、しっかり書いておきましょう。

もっとも多そうなトラブル「名義変更してくれない問題」を避けるために…

名義変更してくれないとどうなるか

通常、ヤフオクで物を売るときは「入金確認」→「発送」→「受け取り」の流れですが

中古車取引の場合一つ心配なのは名義変更をきちんとしてくれるかという問題です。

お金を受け取ったとしても名義がそのままだと…

  • 自動車税を払わなくてはならない
  • 駐車違反や速度違反(オービスなど)をされても請求が来る
  • 車検切れで乗り回された場合、自賠責も切れるため人身などされたら大変なので、それを防ぐために自分が自賠責を負担しつづけなければいけない
  • その他、名義人が違うのを良いことにどんな犯罪に使われるかわからない

軽く挙げてもこんな感じです。

 

名変にまつわるトラブルを避けるのにはこんな方法がある

  1. 名義変更だけでも代行業者に頼む
  2. 必要書類に旧所有者(つまり自分)の押印のみをした書類・車検証・ナンバープレートを送る

どちらかの方法で名義変更後、車両を取りにきてもらいます。

 

最初は1の方法で取引するつもりでしたが、名義変更は自分でやれば数千円ですむところ

代行業者だと安くても13,000円以上はします。

わたしは、興味を持っていただき、現車確認のスケジュール調整までしていた方とのスケジュールがどうしても合わなくてヤキモキしていました。

すると向こうの方が多忙で現車確認が無理とのことで、現車確認なしでヤフオク上で落札および「Yahoo!かんたん決済」での決済を済ませてもらえたため、2の方法をとりました。

 

これならば入金は済んでいるし、車両はこちらにあるので先方が名義変更をしない理由もありません。

軽自動車の名義変更に必要な書類で、何が必要か(わたしが何を用意して、先方に手続きをしてもらえばいいか)は以下のサイトで調べることができました。

軽自動車検査協会公式ウェブサイト

ここのトップページの「どのような手続きでお困りですか?」のところから入っていき、いろんな条件をはい・いいえ形式で答えていくと必要書類がわかります。

普通自動車は陸運局にてナンバープレートに封印をしてもらう必要があるため、この方法はとれません。

 

このように書類とナンバープレートを向こうに送り、向こうで手続きをしてもらい、無事に名義変更が完了、入金もされてます。

あとは取りにきてもらうだけとなりました。

おまけ

書類とナンバープレートを送る際は日本郵便の「レターパック」が超便利でした。

レターパックの長辺の寸法が、ナンバープレートがギリギリ入るサイズなのです。

レターパックは追跡してくれる上に手渡ししてくれ、全国一律料金です。

(「レターパックライト」とは異なります)

 

 

以上、軽自動車をヤフオクで売るときの方法でした。