ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

スバルR2にMRワゴンのリアウイング(リアスポイラー)をつけたよ

米倉恵@yonekurakeiですー

我が家に来ましたスバルR2スーパーチャージャーにリアウイングをつけました。

選ぶところから付け方まで解説です

他のカスタムはこちらをごらんください。

 

R2にピッタリ付くリアウイング(リアスポイラー)は?

R2にぴったりのリアウイングは?

みんカラなどその趣味の人たちには有名らしいんですが、スズキスポーツの初代MRワゴンのウイング(スポイラー)がぴったりなのだそう。

なのでこれをヤフオクで落札しました。タイミングよく黒(32J)が出ててラッキー。

リアウイング(リアスポイラー)取り付け。

わたしはあんなデカイものをDIYでどうやってつけるかわからなかったんですが、とりあえず手順を。ちなみに今回もダンナ登場です。おそらくこのクルマは近い将来ダンナのものとなりますw

ドリルで穴を開けます

ボルトと同じ大きさの穴を作るため、ステップドリルを使います。焼けないように万能オイルを垂らしながら施工します。

リアウイングにステップドリルで穴をあけていきます

リアスポイラーをボルトオンするための穴 穴があきました。

裏側からボルト締め 裏の同じ位置に大きめの穴を開け、中からボルトで締めます

反対側も終わったら次は取り付けです。

接着剤とボルトで固定します

注意点は、接着面は直接つけず、間にホームセンターなどで手に入るゴム板をかませます。振動の緩和と、水の侵入を防ぐためです。

 

リアウイング(リアスポイラー)取り付け完了

リアウイング取り付け施工後

リアウイング 取り付け 真後ろからはこんな感じ

リアウイングをつけました。横からはこんな感じです。 横から

うーん、純正かと思うくらいピッタリ!

なかなかスタイリッシュになりました。

ちなみにつける前はこれ。↓

リアスポイラー装着前

うーん、ちょっと角度が悪いです。。。

GTウイングも検討しましたが、そこまでガチではないのですよね。

タイミングよくこのスポイラーが出品されてよかったです(^^)

 

R2で他にいじった(改造した)ところはココ

もはやダンナのクルマになってしまいそうな勢い((^_^;)

ってか、この記事を書いてる時点ですでにTEINというメーカーの車高調整サスペンションをを買ってしまったのですが(汗)

とりあえずやったことを挙げてみます

R2のカスタム。あとは車高調整のみとなりました。

  • ドアミラーを、キーレスリモコンの開閉を押すごとに自動で開いたり閉じたりするキーレス連動ドアミラー化
  • 握りやすくて実用性もバッチリの、初心者の人も手軽にトライできるハンドルカバー装着
  • 内装パネルの着色
  • フロントバンパーを純正の「スタイリッシュバンパー」に交換
  • バンパー下にリップスポイラー装着

エンジン警告灯がついてしまうトラブルもあって、焦ったこともあります

で、R2と入れ替わりでそれまで乗っていたワゴンRを初めてヤフオクで売ってパーツ購入の足しにしたりも。クルマをヤフオクで売るなんてどうやってやるの?と思ったのですが軽自動車だと案外簡単でした。こちらで詳しく説明しています。

 

内装パネルの着色、バンパー装着はまた記事にしたいと思います!