ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

【岐阜】下呂温泉周辺のマッタリ遊び場「下呂温泉 合掌村」

ポンコツ夫のポンコツな嫁@neutral_my_mind です。

日本三大名泉の一つ、下呂温泉は温泉街だけでなく、「下呂温泉 合掌村」というちょっとした屋外民族博物館のような、ちょっとしたテーマパークがあるのをご存知でしょうか。

メインの温泉へ行く前でも行ったあとでも、家族で行くのになんともちょうどイイ感じのマッタリした遊び場でしたので紹介します。

下呂温泉とは

下呂温泉

飛騨川の流域に湧く下呂温泉は室町時代京都五山の僧万里集九や、徳川家康から四代の将軍に仕えた儒学者林羅山により、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並ぶ「日本三名泉のひとつ」と称された天下の名泉です。 温泉街は飛騨川を中心に歓楽的な賑わいと山里の風情が調和して、下呂温泉の魅力を醸し出しています。(下呂温泉観光協会HPより引用)

場所は岐阜県の中ほどより東の下呂市にあります。

名古屋から電車で2時間程度なので日帰りも可能。各宿泊施設も日帰りプランなどがあり、気楽に楽しめます。

泉質:単純温泉(アルカリ性単純温泉)

 

下呂温泉合掌村とは

世界遺産にも指定された白川郷などから「旧大戸家住宅」を中心に、10棟の合掌造りを移築した下呂温泉合掌村。

民俗資料館や合掌造りの生活文化などを体験できる施設です。

入場料は大人800円、子ども400円。

一応温泉街っぽく足湯もある。

合掌造りメインの施設「旧大戸家住宅」には●●専用入口があった

民俗資料館として施設全体の中心となる「旧大戸家住宅」です

なんとこの主役を張る「旧大戸家住宅」には、「夜、こっそりと女性を訪れるため」(なんのことかわかりますよね(^_^;))につくられたと言われる専用出入り口があります。

ちょっと高くなった障子のところに、横のはしごをかけて登って入ったのだそう。情報ソースは2017年放送の「旅猿」(日本テレビ系列)で、東野さん、岡村さん、出川さんがこの合掌村に来ていたときに説明を受けていました。

意外とスリリングな合掌村「森のすべり台」

ほかにもマッタリ楽しめる施設に「森のすべり台」がありました。

全長175mのローラースライダーですが一つ注意点として挙げたいのが靴の側面をブレーキ代わりにするため靴がボロボロにななること

こちらにもう少し詳しく書きましたので参考にしてくださいね。↓↓↓

www.yonepon.net

 

高台まで登ったところの景色はすごいイイので許す。どうせ安いスニーカーだし。

 

まとめ

滑り台はちょっと靴の件でアレですが、全体的にはそんなにお金もかからずふらっと寄るにはいい施設かと思います。のんびり里山の原風景を楽しめますよ。小さいお子さん連れでもいいですね。

 

下呂温泉合掌村 公式ホームページ