ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

「自分が無い」のは悪いことか?〜自尊心の低さが「知ったかぶり」を生む〜

f:id:yonekurakei:20180915151215p:plain

ポンコツ夫のポンコツな嫁@neutral_my_mind です。

 

 

「自分が無い、自分の意見が持てないのは悪いこと」

といつも自分を責めていませんか?

 

あるいは常に万能な理想の自分を追い求めて、人に頼らず、知らないことやわからないことも知っている・わかっているふりをしていませんか?

 

 

今日はわたしのある経験をもとに

  • 好きなものは好き、嫌いなものは嫌いで良い
  • 知らないことやわからないこと、興味のないこともそのままでいい

ということを書いていきたいと思います。

 

 

「普通のことじゃないの?」と思った人にとってはこのテーマ自体意味がわからないかもしれません。

 

少しでも思い当たるところがあればその理由や、そう思うことによって生きづらさを改善し、自分が無いという悩みを克服(というのもおかしいですが)するために役立てられたら嬉しいです(^^)

 

 

 

自分の意見を持つことを良しとする風潮

SNSで次々と流れてくる他人の意見

社会的関心の大きい出来事はすぐSNS上で議論がおきますよね。

ツイッターでも100人いれば100通りの意見が次々と流れてきます。

 

先日も夏恒例の「24時間テレビ」が放送され、毎年のことながらチャリティー番組としてのありかたについてさまざまな意見が飛び交っていました。

 

たまたまチャンネルを合わせると、X JAPANのYOSHIKIさんが全盲の天才ドラム少年とセッションを成功させるという企画を、

また別の時間帯には耳の不自由な子どもたちが芸人さんたちと一緒にヲタ芸を成功させる企画をやっていました。

 

 

衝撃を受けた旦那からの一言

 

確かに毎年こうやって障害者と健常者が力を合わせて何かを達成するような内容の番組編成に辟易としていたのは事実だったんです。

 

でも以前から議論の対象になりやすいできごとを目にするたびに「何かを言いたくて言いたくてしかたない自分」がいるなあ、と感じつつも、この夜もこんなことをぽろっと言い出しました。

 

  

わたし:「毎回、障害者と健常者が一緒になって何かやるの、なんか意味あるの?年に一回、こういうときだけ祭り上げられて、頑張ってる姿を感動にして、健常の視聴者のための感動ポルノじゃん」

 

旦那:「とはいっても障害者は日ごろ気にもかけられないのも事実だろ。こういう企画や目標を意図的に作ることにも意味があるんじゃないの?それより○○(私の実名)は、そういうこと無理に考えんでもいいと思うよ。興味がないなら興味がないで、いいんじゃない

 

と続けました。

 

旦那はわたしの意見がすべて外部からの受け売りであることや実は番組に興味が無いことを見抜いていたと同時に、興味関心を持たない=意見がないことを肯定してくれたのです。

 

 

 

まさに青天の霹靂とはこのことでしたし、同時に「無理やり興味を持たなくてもいいんだ」と、ホッとしました。

 

 

そもそも「意見を持たないこと」はそんなに悪いのか

自分の意見が言えないのは興味が無いからかもしれない

 

自分の意見を持てないのではなく、ただ単に興味が無いから意見もないだけだったという単純な話でした。

 

にもかかわらず、わたしは元々発達障害×毒親のコンボで自己肯定感が低いので、本当は知らない・わからないことにも知ったかぶりをして人より優れていることをアピールするクセが染み付いてしまっていたから、無理矢理にでも意見を持つことで優越感を得たかったんですね。

 

浅い知識しかないことや興味のないことでも何か意見を言わずにはいられないのでとりあえず言うのですが中身はありません。

どこかの誰かが言っていた受け売りをたやすくひけらかすことで、周りからは知ったかぶりに思われてしまいます。

 

自分の意見が無いのはそんなに悪いことか

 

確かに会議などで意見を求められたときなど、意見を持てなくて困ることはあります。

 

そんなとき、おそらくあなたは「素晴らしい唯一無二の意見を出さなければならない」と考えてませんか?

そんな素晴らしい意見なんてそうそうあるものではないので安心してください。

 

はっきり言うと、あなたに「会社に革命を起こすような意見」なんて、誰も求めていないんです。

自尊心が低くて自意識過剰になっているだけなので、とりあえず「◯◯さんと同じ意見です」と答えればいいのです。

 ただ、もう一歩踏み出したいなら、「なぜその他人と同じ意見なのか」その理由はできるだけ自分なりに考えてみましょう。

 

 

 

自分の意見を持てることはとても素晴らしいことですが、だからといって持てないことを責める必要もありません。他人と同じ意見だっていい。

 

そしてさっさと「その会議に興味がなかったのだ」と認めてしまうことでラクになれます

会社にとってはあまり好ましくないかもしれませんが、興味が持てないのには理由があるはずです。(例えばわたしなら発達障害のせいか興味のあることとないことが極端です)

 

まずは興味を持てない自分を認めるほうが先決です。

 

 

まとめ

どうだったでしょうか。

わたしは今までテレビを見てもTwitterを見ても「意見をしなくちゃならない」と無意識に思っていたために、興味がなくそもそも意見の持ちようがないことについて中身のないことばかりを言っていました。

 

旦那のような身内ならまだしも、相手が友人や知人であれば意見を言わない人どころか「知ったかぶり」 という印象を持たれかねません。

 

まずは自分の意見を持てない、無いということは普通ですし、興味が無いから意見が持てないだけです。

 

一方、興味がないというのはうつ病など別の問題がある場合もあるため、むしろなぜ興味を持てないのかを考えるほうが意味があるように思います。