ポンコツ夫のポンコツな嫁

ポンコツ夫とそのポンコツ嫁が人様に役立つために書く修行的なブログ

使いやすいキーボードをお探しなら。迷わずMac用キーボードをオススメする。

ポンコツ夫のポンコツな嫁@neutral_my_mind です

 

仕事はMacですが、家ではWindowsのノートパソコンを使っています

 

家でブログ書くときはもちろんノーパソですが

過去記事でも挙げたようにキーフィーリングがどうしてもしっくり来ません。

 

www.yonepon.net

 

いろいろ考えた結果ヤフオクで中古のMac用キーボードを買い、実際運用してみましたが

雲泥の差。やっぱりすげえや。

 

という結論に至ったのでシェアします

上がタブレット用に買ったAnkerのWindows用

下が今回手に入れたMacの純正キーボード。

 

写真で見ると瓜二つだがモノは全然違います。同じ値段なら最初からこっち買っときゃよかった。

 

あと重さもそこまで変わらない。

 

ショートカットや変換は後述するとおり仕方ない部分もあるのだが、長文を打っているとやっぱりMacの純正キーボードにしてマジでよかった、と思う。

 

少なくともキーを打つときの指の動きにムダがなくなる。

最低限の指の動きで、的確に入力できるので文章に集中できるのだ。

 

同じキーピッチ(キーとキーの間隔)、キーストローク(押し下げたときの深さ)なのに、なぜここまで違うのか

 

何がそんなに違うの?と聞かれても、それ以上は

「触ってくれ」としか答えられない。

 

そして家電量販店やアップルの店頭では、

触ることはできても長文を打つことはできない。

 

長文を集中できる環境で打ってこそその違いがわかる、と思う。

 

 

 

以下、そこに至るまでの紆余曲折

興味ある人だけどうぞ

 

 

マウスコンピューターのノートパソコンのキーボードは何が悪いのか

 

とくにバックスペースキーのすぐ右にNumLockキーがあり

キーピッチが他のところと全くおなじなので

押し間違えが頻繁に起こります。

 

これはノーパソ自体がゲーム用というのもあると思うが、どうもマウスコンピューターのパソコンはみんなそうみたい

 

これに関してはいくら重視されない項目とはいえ、設計ミスだと断言したい。

 

 

サードパーティ製キーボードを新品で買えばよくない?

って思うでしょう。

違うんですよ。

 

昔WiiU用に買ったやつも悪くはなかったが

iBuffaloというメーカーの、悪くないと思います

キーピッチも19mmだし

パンタグラフ式で見た目もよい

 

バッファロー BSKBW100BK 無線(2.4GHz) キーボード ブラック

だけど、仕事でMacのキーボードに慣れてしまってるとそれでも違和感があるのです

 

普通の事務仕事には全然いいと思う。というかWiiUで使ってたときは全然問題なかった。チャット程度の短文だったからか。

 

でもいざ、これで長文を集中して打とうとすると、コレジャナイ感半端ない。。なんでだろ。

 

さっきも言ったけど文章に書けないわけよ。

 

実際に長文打って感じ取れ!としか

 

そこへ旦那がふらっとやってきて、キーボードが欲しいと言ったのであげてしまいました。

 

 

Amazonで評価の高かった、Mac純正ライクなAnkerのキーボード

最初にMac用のと並べて撮ったキーボード。

以前持ち歩き用に軽くてコンパクトなキーボードを探してたとき、見つけたのがコレ

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード 

 

確かに軽くて、持ち歩きにはピッタリ。

一緒に使おうと思っていたAmazon Fire HD 10タブレットとほぼ同じ長さ

 

しかし値段は値段なり。それなりの作りである。全体的にプラスチッキーな感じ丸出し。

作りの甘さはもちろんフィーリングにも関わる。

 

それでも2000円以下で、見た目Mac用のおしゃれな感じ(でもキーボードはちゃんとWindows)なんだからそれはそれでアリだと思う。

 

でもやっぱ、いざこいつを家でガッツリ使うとなると、やはり頼りなさがある。まだノーパソのキーボードのほうがマシかも。あとカチャカチャとうるさい。

 

Surfaceキーボードはクソ高すぎる

第三の候補として挙がったのはSurfaceキーボード。

 

Surfaceの名を冠しただけあってキータッチは最高らしい。しかしいかんせん高い。中古でヤフオクでも1万とかするので早くも脱落。

 

やっぱりMac用のAppleワイヤレスキーボード

本来Windows用でMacのキーボード並みの感触を求めるならSurfaceなんだろうけど、前述どおり高すぎた。

 

一万円以上出せば確実に良いキーボード買えるかもだけど、手で触れるもの、フィーリング重視するものは実物を触ってからじゃないと失敗するのが怖い。

 

念のためMac用の純正キーボードの相場を調べてみると、中古とはいえ以外にもヤフオクで2000円程度の相場だった。

 

価格もあいまって、Windowsで使うんだけどMac用のにしてしまった。

 

 

 

キーボードの設定をしよう

なのでキーの役割を割り振らなければいけない。

 

幸いWindowsはそういうフリーソフトも多いので、今回はこちらのサイトを参考にした。

jimon.info

 

とりあえず不便はないけど、個人的にはすごくよく使う

「変換」を「Command」+「スペースキー」で

「コピー&ペースト」を「Command」+「V」or「C」で

 

できるようなソフトが欲しいのでもうちょっと探してみることにする。

 

 

2018.10.24追記

このソフトたちを使うと、最初からノートについてるキーボードにも影響します。

 個人的にはソフトは使わず、ノートのキーボードも併用でいったほうがいいかもしれません。

 

2018.10.28追記

ノートについてるキーボードのコントロールキーがきかなくなったため、アンインストールした「key swap」を再度インストールして設定しなおしたら直りました。

 

再インストールした理由は、ノート側のキーボードの「Ctrl+Z」等のショートカットが使えなくなったため。

アンインストールしたのに、コントロールキーがきかないままになってしまい、それでは困ってしまうので。。。

 

 

 

っていうか

 

ほんとMacBook Air売るんじゃなかった

(まだ後悔してる)

 

 

www.yonepon.net